破綻と租税との繋がり

破産は破産法で定められているように、破産することによって今までの返しきれない貸し付けがゼロになるからくりです。但し納税は国民の責任ですからこれを免れることはできません。ただ既存利潤租税やネイティブ租税・年収租税など重荷になるようでしたら、税務署に委託に行きましょう。隔絶または遅延勘定を解放できるかもしれません。税務署員は何も鬼ではないので委託すればいい方式を探ってくれる。破産を通じてTAXも払わなくても良いと考えるやつがいますが、そうではありません。また破産により、一切を失うわけでもありません。20万円以下の備蓄は当座の生活費100万円以下なら所持しててもいいことになっています。これらは近年の破産法手直しでそんなふうになりました。TAXは払わないと遅延租税が重くのしかかるので、是非とも税務署をめぐって相談することが大事です。破産にて酷い取立てや督促が無くなっても、NEW債務を抱え込んだら元も乳幼児もありません。

▲ページトップに戻る