負債整頓と住居ローンにおいて

借受の返済がつらくなった結果債務コーディネートに頼る人が少なくありませんが、年収が無いために返済が困難な場合は「倒産」を選択するしかありません。ただ、安定した年収があり、借受を大幅に減額して貰う結果返済を継続できるのであれば、「個々蘇生」という債務コーディネートが可能になります。

個々蘇生の最も大きな属性は、住まい融資の残債があっても住まいを突き止められないことです。その代わり、住まい融資は債務コーディネートの用からずれる結果、低減が行われません。よって、残債はそのままの金額で返済を続けなければなりません。

そうして、住まい融資以外の債務単価を規定の下限弁済額(債務単価の5分の1〜10分の1)まで減額してもらい、その金額を3年間で返済決める。

但し、個々蘇生には「支払収穫保証の結局」というものがあり、所有している私財の現在の収穫が下限弁済額を上回る場合は、上回った金額パイを弁済額に加えなければなりません。そのため、住まいの現在の見積りが住まい融資の残債から大幅に切り抜ける場合は、住まいを手放さざるを得なくなることもあります。

▲ページトップに戻る