賃借返還しながらストックが出来るようになるやりくり簿の書き方

どうすれば借金支払いしながら蓄財をすることができるでしょうか。一見不可能に感じるかもしれません。だが生活簿の書き方にて、それが可能になるのです。どんな書き方をすればいいのでしょうか。市販の生活簿を使うのもいいのですが、普通のユニバーシティメモ用紙で十分です。市販の生活簿派借金支払い用ではないので使いづらいことがあります。ひとまずメモ用紙に線を引きます。所得といった出金って支払い、蓄財の全て4つの欄を設けます。これをメモ用紙の半分に書き込みます。この部分には通常書き込みます。さらにメモ用紙のもう半分の方には一月のプロジェクトを書き込みます。食費、連絡費、光熱費などひと月決まって働く出金を書き込みます。食費や交際費は天井を設けてそれ以上使わないようにします。そうして借金支払いに欠かせないのはひと月最初に支払い食い分を割り振ることです。お金が余ってから支払いしようとか蓄財しようと思うなら、なかなか終わりません。先ず借金を返済するという感覚といつも持つのが大切です。

▲ページトップに戻る